疲れない美しい体のための「食事術」 | サンプライズ公式ブログ

サンプライズ公式ブログ

女性用・美髪エイジングケアサプリ【ヘアドルーチェ】公式通販店サンプライズのブログ。お客様の声、毛髪診断士・薬学博士による最先端のヘアケア&アンチエイジング情報など。

疲れない美しい体のための「食事術」

   

PAK153124403_TP_V

体を内側から支えているのは「食事」

美しく綺麗な方も、疲れや寝不足が続くと、肌荒れしたり眼の下にクマが出来たりして、見た目の表情は一変します。更にそれが継続されると、周りから「最近のAさん、すっかり老け込んだわね!」などと残念な評価を受けてしまうこともあるかもしれません。

そうならないための対策として、書籍:『スタンフォード式疲れない体』より、疲労回復を体の内側からサポートする「食事術」をご紹介します。(下図参照)肉体を形成し、支えているのは「食」です。「体内に入れる食」であなたの回復力は変わり、そして見た目やパフォーマンスも変わってくるのです。

スタンフォード大学というと、文武両道の超名門大学です。2016年、リオのオリンピックでの米国メダル獲得数は121個と世界トップでしたが、その内なんと22%の27個(金14個、銀7個、銅6個)はスタンフォード大学1校の学生が獲得したものなのです。

同大学では、学生に最大のパフォーマンスを発揮してもらうため、世界トップレベルの科学的な理論とデータに基づき、効果があると実証されたものを適切な方法で実践しています。そのひとつが次に紹介する、「疲れない食事術」です。

 

食事術」で疲れない美しい体に!

SN1811会長記事画像 ブログ用

「何を食べるか、いつ食べるか、どう食べるか」、この3点を徹底的に意識しましょう。

朝食:「シンプル」で「ヘルシー」が基本。忙しいからといって朝食を抜くことは、3食中一番悪影響を及ぼします。朝食の時間を出来るだけ固定すると、生活のリズムができ自律神経が整います。昼:「タンパク質」と「サラダ」が基本。お腹が空いたら、ナッツやフルーツなどの間食で埋めましょう。夜:タンパク質をしっかり摂る。 1日の目安で「タンパク質:炭水化物=3:1」となるよう目指しましょう。またお酒を飲む場合は、一緒に同量の水を飲みましょう。

毎食「腹8分目まで」が鉄則です。また「タンパク質」「ビタミン」はとにかく疲労回復に良いものなので意識して摂りましょう。

最後に、口にしてはいけない「禁断の疲労食」は以下のようなものです。甘い朝食:ほぼ糖質。フレンチトーストやパンケーキ。人工的に甘くしたものは避ける。甘い清涼炭酸飲料:疲れと肥満を招く危険なドリンク。油っこい揚げ物:胃腸に負担がかかり内臓疲労に繋がる。自分が口にするもので、明日からのコンデションを壊す可能性があるのです。

疲れない美しい体のため、ぜひ参考にして下さい。

参考文献:『スタンフォード式疲れない体』 サンマーク出版 山田知生 著

 


 

コラム筆者:元井益郎

薬学博士/薬剤師/NR・サプリメントアドバイザー/日本抗加齢医学会認定指導士。

東京薬科大学薬学部卒業。ジェーピーエス製薬株式会社入社・退社後、サンプライズ株式会社設立。東京大学や慶應義塾大学など、国内の著名な大学機関と抗加齢に関する共同研究を行い、研究結果をもとにサンプライズ製品の開発を行う。

趣味は山登りとマラソン。72歳になるが、自称年齢は54歳。2017年6月、デナリ(マッキンリー)に登頂成功。好きな言葉は、「過去は変えられないが、未来は変えられる」。

 - アンチエイジング, <アンチエイジング指導士>元井益郎の記事 , , , , , , , , , , , ,

 

  関連記事

ELF85_IMG_0814_TP_V
夏の紫外線ダメージは、体の内側からケア

暑かった夏が過ぎ、9月に入ると徐々に凌ぎやすくなりますね。しかし、夏の間に強い陽 …

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-NKJ56_aozoraran-thumb-autox1000-15474 (1)
運動すると、早死にする・・・!?

「スポーツは体にわるい」、「健康な人は運動しない」などの書籍が、書店に並んでいま …

1015健康寿命 論文の図修正s
国民医療費と「未病」

最近、「かかりつけ薬局制度」のことがニュースで流れました。これは患者さんが任意で …

百寿者の習慣
百寿者のアンチエイジング法

日本抗加齢医学会から二ヶ月ごとに情報誌『ANTI-AGING MEDICINE: …

PP_4tubanoprezent_TP_V
科学が証明した、脳(心)と体の関係

病は気から、笑う門には福来る、昔から言われているこれらの言葉は「おまじない」のよ …