【新聞掲載】70歳でデナリ登頂、そのアンチエイジング法 | サンプライズ公式ブログ

サンプライズ公式ブログ

女性用毛髪ケアサプリ【ヘアドルーチェ】通販店サンプライズの公式ブログです。お客様の声のほか、薬学博士による最先端のアンチエイジング情報などをお伝えしています。

*

【新聞掲載】70歳でデナリ登頂、そのアンチエイジング法

      2017/11/14

ブログ用 FullSizeRender (2)

▲今回の登山でご一緒した、日テレ『イッテQ』の登山部顧問:貫田さん。登山行程中、ヘアドルーチェを飲んで頂き、「爪の伸びが早い!」とご報告を頂きました。

 

エベレストと同等の登頂難易度、デナリ

今年の6月、北米大陸最高峰のデナリ(旧マッキンリー)登山に挑戦しました。デナリは標高6,194m。この山の難しさは、緯度の高さによる寒い気象条件と空気の薄さと言われています。

また、デナリにはポーターやシェルパ(荷物の運搬や案内をつとめる人)がいない為、全行程約4週間分の食料、燃料、テントや個人装備などを自分で担ぎ、そりに乗せてキャンプ地(キャンプ4:4,300m)までスキーで引き上げなくてはなりません。

そんな条件であるため、登頂難易度は世界最高峰のエベレストと同等と言われます。

 

登山チームの栄養補助にヘアドルーチェ

デナリを目指すチーム構成は、日テレ『イッテQ』の登山部顧問:貫田さん、元オリンピック・モーグル選手:三浦豪太さん、若き登山界のエース:飯田さんと私の4名です。難易度の高い山だけに、装備や食事計画が重要です。

基本的に食事は、日本食メニューをもとにインスタントの食材を持ち込み、朝食、夕食はテントで作って食べます。昼は移動しながら済ませるため、チョコやお菓子が中心の行動食です。

どうしても偏ってしまう栄養素を補うために、チームから私に良いサプリメントの選択が依頼され、そこで熟慮のすえ選んだのが「ヘアドルーチェ」でした。

その理由は、ヘアドルーチェに含まれる栄養素が、たんぱく質、食物繊維、ビタミンB群(ビタミンB₁ 、B₂ 、B₆ 、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)、ビタミンD、ミネラル(カルシウム、鉄、カリウム、銅、亜鉛)と多種にわたり、しかもそれらが大量に含まれているからです。

たんぱく質の構成成分であるアミノ酸は、必須アミノ酸を含む18種類全てを含みます。そして、これらの栄養素が、アガリクスや大豆をはじめとする、自然素材由来(化学合成化合物ではない)であることもポイントです。その「ヘアドルーチェ」を、チームメイト全員が、登山中毎日欠かさず飲むことにしました。

 

「爪の伸びがすごく早い」

6月12日、いよいよデナリのベースキャンプ(2,200m)から高低差約4,000mを上る過酷な登山が開始されました。行程をほぼ計画通り順調にこなし、10日ほど経過した頃、貫田さんから「爪の伸びがすごく早い」と報告を受けます。そう、サプリメントの効果が表れてきたのです。

私たちの爪や髪の毛はアミノ酸からできています。ヘアドルーチェを飲めばアミノ酸は全種類摂取できることは上述の通り。髪の毛の伸びや変化は解りづらい (時間がかかる)のですが、爪の伸びには早く気付く人が多いようです。

登山開始から2週間後の6月26日。途中のキャンプ地で体調を崩し、登頂を断念する隊も出る中、私たち4人はだれ一人体調を崩す者もなく、予備日も使わず快調に、全員がデナリ登頂に成功しました。

これは私たちの登山計画、装備計画、食料計画、それらを補う計画が全て上手く行った結果です。今年のデナリの登頂率は36%で、おおよそ3人に1人しか登れないという厳しい数字の中での登頂成功でした。

 

日経新聞でご紹介いただきました

ブログ用 写真 2017-07-24 9 37 13

▲日本経済新聞・夕刊(2017/7/22号)掲載記事。私のアンチエイジング考についてご紹介いただきました。

 

今回のデナリ登山に関連して、日本経済新聞・夕刊「三浦豪太の探検学校」にて私のアンチエイジングに対する考え方をご紹介いただき、多くの方から反響を頂きました。

大切なことは、「心にトキメク目標をもって、運動を継続すること(現状維持の運動ではなく、少しずつでも体力を向上させていく運動)、体に良いものを摂取すること(体に悪いもの、例えばタバコなどは止める。栄養素の偏りはサプリメントで補う)」です。

また、年齢については「自分は若いと強く思い込み、そうなりたい!」と考えることです。これは、「こころと体は対話する」という精神免疫学の応用です。(ちなみに、この記事のタイトルではあえて70歳と明言していますが、普段は自分自身の年齢を52歳と思って生活しています。)

これでも、40代のころはジムのランニングマシーンで1分も走れない、ひどい腰痛持ちの中年オヤジでした。それから少しずつ少しずつ、尺取虫のように体力をつけ、20数年経った今では「世界7大陸の最高峰をすべて制覇する」という目標の過程にいます。

過去は変えられませんが、未来は変えられます。「もう年だから」という言葉は封じ、まだまだ長い残りの人生を、自分らしく思い通りに楽しみませんか。

 


 

コラム筆者:元井益郎

薬学博士/薬剤師/NR・サプリメントアドバイザー/日本抗加齢医学会認定指導士。

東京薬科大学薬学部卒業。ジェーピーエス製薬株式会社入社・退社後、サンプライズ株式会社設立。東京大学や慶應義塾大学など、国内の著名な大学機関と抗加齢に関する共同研究を行い、研究結果をもとにサンプライズ製品の開発を行う。

趣味は山登りとマラソン。71歳になるが、自称年齢は53歳。2017年6月、デナリ(マッキンリー)に登頂成功。好きな言葉は、「過去は変えられないが、未来は変えられる」。

 - アンチエイジング, <アンチエイジング指導士>元井益郎の記事 , , , , , , , , , , , , ,

 

  関連記事

PP_4tubanoprezent_TP_V
科学が証明した、脳(心)と体の関係

病は気から、笑う門には福来る、昔から言われているこれらの言葉は「おまじない」のよ …

161007-180_TP_V
どれが正解?正しいダイエット法

いつの世もダイエット法の話題は花盛りです。今回はダイエット法の基本について触れた …

ほうれいせん
老け顔の原因は、歯と口周り?

先日、日本抗加齢医学会主催の「アンチエイジングセミナー」でお会いした、歯科医師の …

160121サプリメント成分表s
サプリメントは、飲まない方がいい!?

最近、お客様からこのようなご質問をいただきました。 「ある本を読んだら、サプリメ …

美肌 油
100歳を超えてもスベスベ美肌の秘訣は、油にあり

  電車に乗ると多くの人と出会います。肌の綺麗な人、若くても肌がカサカ …