どれが正解?正しいダイエット法 | サンプライズ公式ブログ

サンプライズ公式ブログ

女性用毛髪ケアサプリ【ヘアドルーチェ】通販店サンプライズの公式ブログです。お客様の声のほか、薬学博士による最先端のアンチエイジング情報などをお伝えしています。

*

どれが正解?正しいダイエット法

   

161007-180_TP_V

いつの世もダイエット法の話題は花盛りです。今回はダイエット法の基本について触れたいと思います。

 

BMI25以上は肥満。ダイエットするならどの方法?

まず、肥満とは「身体に過剰な脂肪が蓄積した状態」と定義され、BMI(Body Mass Index) =体重kg ÷ (身長mの2乗)という指数を使って判断されます。

BMIが18.5~25なら標準的、25以上だと肥満、18.5未満の人は痩せ型です。

肥満を解消するには、過剰な体脂肪を減らすことが目的となるため、エネルギーの消費量を摂取量より大きくしなければなりません。それには次の3つの方法があります。①食事量を減らす(摂取エネルギーを小さくする)②運動量を増やす(消費エネルギーを大きくする)③食事量を減らすとともに、運動量を増やす(①と②の組み合わせ)。

これら3つのうち、どれが一番効率的なのでしょうか。

 

キレイで元気に老後を過ごしたいなら、ダイエットに運動は必須

例えば、1日あたりで①食事量を300kcal減らす(大盛りご飯1杯に相当)②運動量を300kcal増やす(1時間のハイキングに相当)③食事量を150kal減らし、運動量を150kcal増やす。の3パターンを試してみたとします。

食事量と運動量による変化どれも同じ結果になりそうですが、実際は上図のように、身体には3つとも違った変化が起こります。 ①は、減量願望のある人がよく用いる方法ですが、間違いです。脂肪も減るが筋や骨など(徐脂肪組織)も減り、筋が細くなったり骨が脆くなります。骨が脆くなってしまうと、特に女性の場合は骨粗鬆症のリスクが増え、老後の生活に大きな打撃が返ってきます。

②は見かけの体重は変わりませんが、脂肪が減り、徐脂肪組織が増え、筋肉質で引き締まった身体になります。③の場合は、徐脂肪組織は変化せず、脂肪だけが減ります。 ②と③が正しい方法なのです。

結局、健康的に減量するためには、食事を減らすだけでは不可能で、運動することが必須条件になります。

TVなどでセンセーショナルに放映されるダイエット法には、間違っているものもあります(栄養素が偏ってしまうバナナ単品ダイエットや、1日1食ダイエットなど)。一生付き合っていく大切な体ですから、理にかなった正しい方法を取り入れてください。

参考文献:『登山の運動生理学とトレーニング学』 東京新聞 山本正嘉 著

 


 

コラム筆者:元井益郎

薬学博士/薬剤師/NR(栄養情報担当者)/日本抗加齢医学会認定指導士。

東京薬科大学薬学部卒業。ジェーピーエス製薬株式会社入社・退社後、サンプライズ株式会社設立。東京大学や慶應義塾大学など、国内の著名な大学機関と抗加齢に関する共同研究を行っている。趣味は山登りとマラソン。70歳になるが、自称年齢は52歳。年間に4回ほどフルマラソンへ出場し、4時間以内に完走することもある。登山では世界7大陸の最高峰を制覇することを目標とし、既に4つ登頂成功。2017年はデナリ(マッキンリー)に挑戦する予定。トキメクような目標をモチベーションに、アンチエイジングを体現している。好きな言葉は、「過去は変えられないが、未来は変えられる」。

 - アンチエイジング, <アンチエイジング指導士>元井益郎の記事 , , , , ,

 

  関連記事

健康寿命
人生最後の12年間、どんな人生を送りますか?

最近、「健康寿命」という言葉を良く耳にします。これは「平均寿命」とは別で、介護な …

160526病院選び
2人に1人は「がん」になる。あなたが今すぐできること。

今回は、今までに10,000人以上のがん患者さんを診てきた水上治先生の書籍:「難 …

PPU_ohanagasaitasaboten_TP_V
メキシコ人はハゲない!?その秘訣とは。

『メキシコ人はなぜハゲないし、死なないのか』という本があることを知りました。死な …

160223健康寿命
これから先の人生、あなたはどのパターン?

先日、栄養学のセミナーに参加しました。 今回は、そのセミナーで紹介された事例につ …

ELF85_IMG_0814_TP_V
夏の紫外線ダメージは、体の内側からケア

暑かった夏が過ぎ、9月に入ると徐々に凌ぎやすくなりますね。しかし、夏の間に強い陽 …